さいたま市緑区Sビル様塗装工事

 

 

さいたま市緑区Sビル様塗装工事

本日は屋上防水の撤去と下地調整を行いました。

まず既存防水撤去です。

膨れや割れなどいたるところが悪い状況で防水層の下まで水がまわってしまっていました。

さらに剥がしてみると蔦や草、苔なども生えていました。

既存防水撤去後スクレーパーなどで残った防水層などを綺麗に削り、その後けれん清掃しました。

そして下地調整する前に室外機を吊ります。

室外機を吊らないと室外機の下部分が施工できないのです。

室外機を吊ったらカチオン樹脂モルタルで下地調整します。

コテで綺麗になるべく均一になる様にならしておしまいです。

普通のモルタルは付着力が弱く、ヒビも入りやすいですが、陽イオンと陰イオンが電子的に引っ張り合う、異性化の力を利用して、接着力を増したものが、カチオン系モルタルです。

セメント、骨材、添加剤などを配合した粉体と、特殊樹脂の混和液のセットで、これらを練り込むことにより、カチオン系モルタルとなります。

ローラーまたはコテを使って塗布しますが、可使時間が1~2時間程度と短いので、その間に塗布する必要があります。SBR樹脂やアクリル樹脂の成分のものがあり、また速硬型、早強型、一材型、また厚付用やセメント系のものもあります。

通常のポリマーセメントモルタルと比べて、接着性、耐摩耗性、曲げ強度、防水・防錆性に優れ、中性化防止の作用もあります。塗厚も薄くて済み、ヒビも入りにくいです。また乾燥も早く、作業性にも優れます。

一旦防水工事をする下地に塗って、その上からモルタルを塗る際の付着力を高めるための、中間接着剤タイプのカチオン性剤もあります。それを利用すると、水比の小さいモルタル配合が可能になります。またモルタルを薄く塗れ、下地調整も容易になります。

カチオンはモルタルの他にも、コンクリート、タイル、ALC、セメント板、サイディング、鋼板など、多くの下地材に使われています。

株式会社Star Painter(スターペインター)はさいたま市岩槻区を拠点に外壁塗装、屋根塗装、内装塗装、家具塗装、吹付塗装、特殊塗装、防水工事、コーキング、下地工事などを承っております。各種御用命は株式会社Star Painterまで。

【電話】事務所:048-748-5110 代表直通:080-6814-0009
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【営業時間】7:00~19:00 (定休日:日曜・祝日)
【対応エリア】 さいたま市を中心に近隣エリアへ対応

 

一覧ページに戻る