防水工事

当社はウレタン防水やFRP防水の施工も対応可能。

ウレタン防水は、液体のウレタンを下地に塗ることで、高い防水性を持った膜を作る工法です。
一方FRP防水は、FRP(ガラス繊維強化プラスティック)の特性を、防水に応用した塗膜工法。

ウレタン防水、FRP防水の特徴をご紹介します。

■ ウレタン防水の特徴

ウレタン塗料を下地に塗ることで、防水性の高い膜を作っていくウレタン防水。
不定形材料であるため、複雑な形状の場所でも簡単・確実な施工が可能。
屋上やベランダなど、場所を問わずに継ぎ目のない美しい防水層をつくります。
また、材料を塗るだけなので、短工期で改修工事を行うことができるのも特徴。
熱が発生せず、撤去する廃材も出ないので、周辺環境にも優しい工法です。

メリット
□ 約12年の耐久年数
□ あらゆる場所に施工可能
□ 防水層が軽量なので、建物に負担をかけない
□ 継ぎ目のない美しい仕上がり
□ 防水層の種類を選ばず、環境にも優しい

■ FRP防水の特徴

FRPとは、ガラス繊維強化プラスティック(Fiber Reinforceed Plastics)のこと。
近年注目されている防水材で、軽量ながら強靭、耐水・耐蝕・耐候性に優れています。
住宅のベランダ・バルコニーや駐車場の防水、自動車のボディパーツや太陽光発電の基礎架台など、用途は様々。
FRPを利用して出来上がった防水層は継ぎ目のない美しい仕上がりになり、軽量のため建物への負担もかかりません。
複雑な形状にも対応でき、着色も可能であることからベランダの防水に主に利用されています。

メリット
□ 10年前後耐久年数
□ 固まるのが早いため、短工期で施工できる
□ 継ぎ目のない美しい仕上がり
□ 強度・軽さ・耐水性・耐熱性・耐久性に優れている
□ トップコートのバリエーションが豊富

【電話】事務所:048-748-5110 代表直通:080-6814-0009
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【営業時間】7:00~19:00 (定休日:日曜・祝日)
【対応エリア】 さいたま市を中心に近隣エリアへ対応

一覧ページに戻る